2020年9月2日水曜日

2020年8月の帰社報告会

 2020年8月29日に行われた帰社報告会の内容をお伝え致します。

今月は用語説明会として「Qiitaとは」、勉強会として「煽り運転回避術」を実施しました。


Qiitaはプログラマのための技術情報共有サービスになります

Qiitaの基本的な機能は、以下の3要素になります。

「エンジニアに特化したニュースフィード」「ストック」「投稿」

Qiitaを活用して再利用可能な知識を増やすことで作業効率を上げていきたいところですね。


「煽り運転」は、最近ニュースでもよく取り上げられるテーマです。

「煽り運転回避術」は、「煽り運転の回避方法」や「煽り運転回避術とビジネススキルの共通点」などを確認しました。(共通点は、相手を理解するです)
一見して、ビジネスとは関係のなさそうな技術でも、ビジネススキルとして活用できることを再認識しました。

以上、今月の帰社報告会の内容をお伝えしました。

2020年7月28日火曜日

2020年7月の帰社報告会

2020年7月18日に行われた帰社報告会の
内容をお伝え致します。

今回のスキルアップ勉強会のテーマは
「正規表現」でした。

文字列の集合を一つの文字列で表現する方法です。
調査や文字列の判定などのパターンマッチングに良く使用され、
システム開発では必須といっても過言ではない知識です。
色々な正規表現を知ることで、現場での仕事効率の向上にもなるので
使いこなせるようにしたいですね。

今月はスピーチや検討会など、人前での発表が多い帰社報告会でした。
スピーチでは、趣味の話など知らなかった仲間の話が聞けて良かったと思います。
検討会では「帰社報告の実施日」について検討を行いました。
現在帰社報告会は土曜日に実施していますが、平日に実施できないか?
という議題から、参加者一人一人の考えを発表する場を設けることができました。
今後こういうスピーチや検討会が増え、社員同士での考えを共有していけたら良いと思います。

2020年6月30日火曜日

2020年6月の帰社報告会

2020年6月13日に行われた帰社報告会の
内容をお伝え致します。


今月は用語説明会として「DX」
勉強会として「数的思考入門」について実施しました。




~用語説明会~


DX」とは、D(Digital)X(transformation)の略称で
「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という変革を指す概念です。


つまりは、デジタル(情報技術)があることを前提に、業務の有り方(ビジネスモデル)そのものから仕事全体を見直して、仕組みを変えよう
というプロセス改善の考え方ややりかたを指します。


例としては、以下があげられます。


・RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)技術を使って人的な単純作業を機械に置き換える
・AI(アーティフィカル・インテリジェンス)を用いて過去統計情報からの未来予測をコンピュータに自動化する
・IoT(Internet of Things)を用いて自販機などの遠隔からリアルタイムに売上や在庫情報を受け取る


前述したのは、DXを構成する技術要素の一部に過ぎず、それらデジタル技術の存在を念頭に置いて業務そのものを最適化させることができて初めてDXと言えます。


しかし、現状としてはDXは大規模になりやすく、PoC(概念実証)で終わってしまうことが多いようです。


~勉強会~


数的思考の中でも「ビジネス数学」についての勉強会でした。


ビジネス数学は、実践中心であり正解は一つではないため、自分で問題を発見し解決するものです。
対して学校で習う数学は、理論中心であり厳密性重視の正解が用意されている数学になります。


ビジネス数学では扱う要素によって、以下5要素に分類されます。
1.把握力
2.分析力
3.選択力
4.予測力
5.表現力


1~4の要素で毎年の売上高などのデータを読み取り今後を予測し
5の要素で図や表にまとめてプレゼンをするということになります。


今月は新型コロナウィルスの影響もあり、約4か月ぶりの帰社報告会となりました。
感染防止対策として、通常の2倍の広さの会議室を確保、除菌ハンドジェル、非接触温度計の用意、換気が行われました。


現場作業はリモートワークの方も多く、久しぶりに顔を見ながら会話でき、新しい生活様式を実感しました。
早く落ち着いて親睦会なども実施できるようになると良いですね。





以上、帰社報告会の内容をお伝えしました。

2020年2月4日火曜日

2020年1月の帰社報告会

2020年1月25日に行われた帰社報告会の
内容をお伝え致します。

今回のスキルアップ勉強会のテーマは
「ピクトグラム」でした。

ピクトグラムとは、車椅子のマークや非常口のマークなどで見られる、文字の代わりに視覚的な図で表現する技法です。






             
スクリーンにはトイレなどでよく見かける男女のマークが紹介されていますね。


もともとは、1964年アジアで初開催となる東京オリンピックで、英語(アルファベット)でコミュニケーションをとるのが苦手な日本人のために開発されたものだそうです。
その後、世界中に広まり様々な国で活用されているそうです。

自分も英語は苦手なため、もし海外に行った時でもこういったピクトグラムでの表記があると助かると思います。

これから7月に開催される2020年東京オリンピックでも競技の紹介などに使用されるそうです。


今月は帰社報告会の後に、入社式が行われました。

2020年1月に入社した3名と昨年6月以降に入社した5名のみなさん、この度は入社おめでとうございます。

これからも皆でウイングシステムを盛り上げていきましょう。

以上、2020年初の帰社報告会と入社式でした。